診療内容

内科・消化器内科・リハビリテーション科を標榜しております。
また地域医療の一環として、介護保険事業や在宅ケアなどにも取り組んでおり、地域の皆様に近い存在の病院となれるよう取り組んでおります。

このページの先頭へ

当院の概要

基本理念
  1.  1.患者さま本位のまごころ医療
  2.  2.納得できる診療・看護・介護
  3.  3.地域社会への貢献
  4.  4.4つのA「安全・安心・安静・安定」
指定医療機関

保険医療機関
労災保険指定医療機関
生活保護法指定医療機関

診療科目

内科
消化器内科
リハビリテーション科

病床数

医療療養型病床 (170床)
回復期リハビリテーション病床 (24床)

施設基準
    • ■基本診療料
      療養病棟入院基本料1
      療養病棟療養環境加算1・2
      回復期リハビリテーション病棟入院基本料5
  • ■特掲診療料
    脳血管疾患リハビリテーション(Ⅱ)
    運動器リハビリテーション(Ⅰ)
    呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
    集団コミュニケーション療法料
    薬剤管理指導料
    入院時食事療養(Ⅰ)
    がん性疼痛緩和指導管理料
    がん治療連携指導科
    地域連携診療計画退院時指導(Ⅱ)
    胃ろう造設術
    ニコチン依存管理科
    認知症ケア加算(Ⅱ)
医療設備

64列CTスキャナー
X線装置(一般・透視・ポータブル)
上部消化管内視鏡
下部消化管内視鏡
心電計
心拍監視装置
超音波断層装置(心・腹部)
リハビリテーション各種機材

介護保険事業
  •  居宅介護支援
  •  通所リハビリテーション、介護予防通所リハビリテーション
  •  訪問介護、介護予防訪問介護

このページの先頭へ

地域医療に対する取り組み

地域医療の概念とは?

医師および医療従事者は地域医療において地域住民全体の幸福を常に考えながら医療活動を行うべきものでです。
医師や医療従事者は疾病の診断・治療にとどまらず、地域の住民に働きかけて疾病の予防や健康の維持・増進のため、病々連携・病診連携を基本としたリハビリテーション、在宅療養のサポート、地域で暮らす高齢者、障害者の支援などの医療活動を行います。

このページの先頭へ

沿革

 

平成10年8月 加古川市八幡町に開設:医療療養型病床(120床)
平成10年10月 理学療法Ⅱ、薬剤管理指導、院内感染防止対策、療養環境Ⅰ、入院時食事療法Ⅰ特別管理を取得
平成12年4月 介護療養型医療施設の指定を取得
指定介護療養型医療施設として展開開始
介護療養型医療施設(70床)、医療療養型病床(50床)
指定居宅介護支援事業者、指定居宅サービス事業者の指定を受ける
居宅介護支援事業開始
訪問介護事業開始
短期入所介護事業開始
訪問看護事業開始
平成12年11月 指定居宅サービス事業所の指定を受ける
地域医療センター・通所リハビリテーション施設を増設
通所リハビリテーション開始(定員40名/日)
平成15年 4月 介護タクシー事業開始
平成18年 4月 介護予防訪問介護サービス事業所、介護予防通所リハビリテーション事業所の指定を受ける
平成18年 7月 医療療養病床(50床) 療養8割未満への変更認可
平成18年12月 医療療養病床(50床) 療養8割以上への変更認可
平成19年 1月 医療療養病床療養8割以上 (50床)⇒(60床)へ変更
介護療養病床 (70床)⇒(50床)へ変更
平成19年 3月 全病床、医療療養型に転換
療養8割以上 (60床)、療養8割未満 (60床)
平成20年 1月 全120床を療養8割以上に変更
平成25年 1月 療養病床(50床)増床
医療療養型病床(170床)となる。
平成26年 9月 宝塚磯病院 開設:医療療養型(160床)
平成28年 4月 医療法人社団 栄徳会 加古川磯病院に名称変更
平成28年 9月 新型64型マルチスライスCT 装置導入
平成31年4月 回復期リハビリテーション病床(24床)増床
療養病床(170床)と合わせ194床となる。

このページの先頭へ

施設紹介

  •  施設紹介  施設紹介  施設紹介
  •  施設紹介    

このページの先頭へ